寝たきりの父が、心の免疫力と体の免疫力で、明るく元気になりました!

免疫力

 

こんにちは、ピンピンコロリの木村です。

ブログ読者の方から、お父様がお元気になった、体験談を頂きました。

(体験談ですので、個人差があります。また私は医療従事者では、ありません)

木村久子さん(仮名) 49才 会社員 札幌市在住

寝たきりの父が、今は好きな盆栽に挟みを入れて、元気です!

 

今年75才になる私の父は、内臓の手術後、3か月前から、お腹の張りがひどく、便秘で食欲も落ち、寝たきりになり、気力も体力もひどく落ち込みました。

 

叔父(父の兄)が、同じ症状で苦しんでいましたが、

このブログの個別相談がキッカケで、

乳酸菌生産物質で、免疫力を高めて、元気になった話を、叔母から聞きました。

 

父の病状が、だんだん厳しくなるので、思い切って、木村さんにメールしました。

「体験談は、個人差があります。そしてやるのなら、4か月は継続してください」とのことでした。

父は、気力も落ちていましたので、母と相談して、賭けてみることにしました。

 

1か月目

はじめ、便秘が少しづつお通じが付くようになりました。血色も少しづつ良くなってきました。

でも、すぐには、思うようには元気になれずに、夜など木村さんに電話して、元気づけられていたようです。

それでも、早く良くなって、好きな盆栽をやりたいなどと言って、母と笑うようになりました。

お腹の張りは、水を抜く期間が、空くようになり、張も少なくなってきました。

 

2か月目

お腹の張りが大分良くなり、起き上がれるようになりました。食欲も出てきました。

孫が、「おじいちゃん、元気になってよかったね!」と言われて、声をあげて笑っていました。

 

3か月目

主治医の先生が「お腹の張りはもう大丈夫。一時はどうなるかと心配だったが、検査結果も順調ですよ」と、驚いておられました。

調子のよい時は、好きな庭の盆栽に、挟みを入れるようになりました。

まだ、元気に波がありますが、この頃は、元気になったら、家族で温泉旅行に行こうなどと話しています。

 

本当に、ありがとうございました!

 

 

本当によかったですね!

 

ところで、免疫力には、体の免疫力と心の免疫力があります。

上の図で、左側が、病気になって寝たきりになる、NNKの原因です。

 

それに対して、右の図が免疫力アップでピンピンコロリ対策です。

乳酸菌生産物質を飲用する→腸内善玉菌が元気になる

・腸がキレイになって、免疫細胞が活性化して、体の免疫力が上がる

・同時に、脳のセロトニン高→幸せホルモン高→ストレスが低下→心の免疫力が高まる

ですね。

NNKからPPKへ ~第2話: 免疫力と免疫細胞~
木村 今回は、 第2話: 免疫力と免疫細胞 のインタビューです。 まず、免疫力とは、何でしょうか? 鈴木院長先生 「免疫」とは、“疫”から“免れる”ことをいいます。 “疫”とは、疫病というくらいです...
NNKからPPKへ ~第4話:ストレスと幸せホルモン~
第4話:ストレスと幸せホルモン 木村 はじめに、ストレスについて、専門のクリニックのホームページから、引用させていただきました。 引用 杉浦こころのクリニックより ストレスとは? ストレスとは、外部からのさまざまな刺激(ストレ...

 

あなたが、体の免疫力や心の免疫力で、ご質問やお悩みが、ありましたら、お気軽にお悩み110番に、どうぞ

↓                    ↓                 ↓

免疫力お悩み110番のご案内
免疫力などで、お悩みならば、お気軽に、個別相談ください。 免疫力お悩み相談室の木村吉男です。 8年間約600件の、生活習慣の無料相談の実績 私は、25年間大手の経営コンサルタント会社で、ジェネラルコンサルトントをしておりました。 ...

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました